83343bc7890cf80305ed31050ff6ae03_s

FBA手数料を計算するのは、
FBAを利用して出品するのであれば、
仕入れをする際に必ず必要な作業になります。

 

FBA手数料を計算してくれるサイトなどはいくつかありますが、
個人的に最もオススメするのが、

FBA料金シュミレーターを使って、
FBA手数料を計算する方法です。

 

今回は、
FBA料金シュミレーター使って、
仕入れの実践の中で、
FBA手数料をどんなふうに計算して、利益商品を見つけるか?

というFBA料金シュミレーターの実践の中での使い方を紹介します。
 

FBA料金シュミレーターとは?

FBA料金シュミレーターの実践での使い方の前に
FBA料金シュミレーターとはどんなサイトなのかについて簡単に書いていきます。

 

FBA料金シュミレーターとは、
FBA手数料などを自動で計算してくれて、

実際に想定の金額で商品が売れると
いくらくらいの振り込みがあるかを把握することができる
Amazonが提供しているサイトです。

 

FBA料金シュミレーターはこんな感じのサイトです。

fbaryoukinnsyumireta1

 

FBA料金シュミレーターの画面とわかると思いますが、
FBA料金シュミレーターでは、
FBA利用時の手数料を引いた金額のシュミレーションだけではなく、
自己発送時の手数料を引いた金額もシュミレーションできるようになっています。

 

このFBA料金シュミレーターの画面に、
販売想定価格などの入力して、
一番下の「計算ボタン」をクリックすると
FBAの手数料などを計算してくれます。

また、そのFBA手数料を引いた想定収益も表示してくれます。

 

FBA手数料を自動で計算してくれて、
想定収益を表示してくれるサイトは他にもありますが、

FBA料金シュミレーターは、Amazonの運営というところからも
手数料の計算結果の信頼度が高いのがメリットだと思います。

 

仕入れの際は、かかるコストを計算に入れて、
仕入れられる金額か判断する必要があります。

ツールなどがおおよそは把握できる部分はあるのですが、
最終的な仕入れ金額の判断の際には、
FBA料金シュミレーターなどでより正確に近い手数料を考慮していきます。

 

FBA手数料を計算してくれる料金シュミレーターの
イメージはなんとなく伝わったでしょうか?

 

といっても、FBA料金シュミレーターを
実践の中でどんな風に活用するかイメージがわかないかもしれません。

 

ここからは、FBA料金シュミレーターを
仕入れの実践の中でどのようなタイミングで
どのように使っていくのかを書いていきたいと思います。

FBA手数料をFBA料金シュミレーターで計算する実践での流れ!?

店舗仕入れのな流れの中でFBA料金シュミレーター使ってFBA手数料を計算して、
最終的な仕入れをするまでというイメージで書いていきます。

 

まず、店舗で商品を検索します。

その中で、おおよそで利益が上がりそうな商品を見つけます。

 

利益が取れそうな商品が見つかったら、
モノレートで売れ行きを確認します。

どれくらいの頻度で売れているかの確認ですね。

 

もし売れてなかった場合は、過去のランキングまで遡って、
売れるであろう価格を確認していきます。

 

ここで、売れ行き・想定の販売金額での利益に問題がなければ、
最終的にFBA料金シュミレーターでより正確に近いFBA手数料を引いた想定利益を確認します。

 

商品の検索ツールでも
ある程度の差額を計算してくれているものがほとんどですが、
FBA料金シュミレーターのほうが
Amazonが提供しているということもあり、信頼度も高いので
FBA手数料を引いた利益金額の最終確認は、
FBA料金シュミレーターを使って確認します。

また、現在、在庫切れで過去には売れていた商品に関しては、
そもそも現在の出品者との価格差を表示されないので、
FBA料金シュミレーターで確認することになります。

 

その手順ですが・・・。

 

モノレートの商品画面を確認した後のところから説明します。

 

以下がモノレートの画面です。
(今回は、iPhone6で調べてみました)

fbaryoukinnsyumireta2

 

写真の赤枠の「FBA料金」という部分をタップします。

 

そうすると、以下のようなFBA料金シュミレーターのページが開きます。

fbaryoukinnsyumireta3

 

赤枠のFBA料金シュミレーターの検索窓にASINを入力します。

※ASINがわからない場合は、モノレートの表示を「PC表示」に切り替えると確認ができます。

fbaryoukinnsyumireta4-1

「PC表示」だとこんな感じでASINが表示されます。

fbaryoukinnsyumireta4-2

 

そして、FBA料金シュミレーターの画面の「検索」をタップします。

 

そうすると、以下のようにFBA料金シュミレーターの入力項目に入力が可能になります。

fbaryoukinnsyumireta4

 

人によって違うかもしれませんが、僕の場合は、
この時に入力するのは、想定販売価格(画面上では「商品代金」)の項目だけです。

 

FBA料金シュミレーターの商品代金の項目を入力して、一番下の計算を押すと・・・。

以下のような感じでFBA手数用を引いた振り込み想定金額が計算されます。

fbaryoukinnsyumireta5
(商品代金以外こちら側のコストを計算に入れていないので、「純利益」の部分が振り込み想定金額になります。)

ちょっと見にくいかもしれませんが、
振り込み想定額(純利益)の部分を拡大するとこんなふうに表示されています。

fbaryoukinnsyumireta5-1

 

最後に、FBAシュミレーターで計算された振り込み想定金額から、
商品の原価・発送のコストなどを引いた金額が
その商品を仕入れた時の利益となる金額になります。

 

このFBA料金シュミレーターを使う作業は、
全ての検索商品で確認する必要はありません。

しかし、実際に仕入れる最後の段階では、
しっかりとFBA料金シュミレーターを使った
想定利益の計算をしたほうが良いと思います。

 

こんな流れで、実践ではFBA料金シュミレーターを使っていきます。

なんとなくFBA料金シュミレーターを使うイメージが湧いてくれれば幸いです。

なぜFBA手数料計算にFBA料金シュミレーターがオススメなのか!?

でも、FBA手数料を自動計算して、
想定利益を計算してくれるようなサイトはいくつかあるのに
FBA料金シュミレーターを使って最終確認をするのがおすすめなのかというと・・・、

 

2点あります。

 

まず1点目は、
FBA料金シュミレーターは、
Amazonが運営しているFBA手数料の計算サイトというのが、
信頼度が高いということです。

やはり、本家のAmazonが運営しているのですから、
その計算結果もより正確な数字に近い可能性が高いと思うのです。

 

2点目は、
モノレートからワンステップでアクセスできるということです。

 

仕入れを効率化するときに、
できるだけ仕入れの流れをスムーズにしたいです。

その時に、あっちこっちのサイトに行って、それぞれを確認するのでは
流れがブツ切れになってしまいます。

流れの中で、このツールからこのサイトにワンステップで移動できて、
次のサイトへは、またワンステップで移動できるといったように
流れを切らさないようにすることで仕入れの効率も上がります。

 

ですから、
FBA料金シュミレーターがモノレートからワンステップで移動できるというのは
かなり大きなメリットだと個人的に思っています。

 

こんな感じで、
今回は、FBA料金シュミレーターについて書いてきました。

FBA料金シュミレーターは、わかりづらいFBA手数料を一発で計算してくれて、
想定利益の最終確認にすごく役に立つサイトですし、

仕入れの流れに組み込みやすいサイトなので、
有効に活用したほうが良いと個人的には思っています。