5b473d5d655d06f23493f502b70986e2_s

プライスターを含め、Amazonでせどりをしていく中で、
価格改定を含めたせどり支援ツールは、いくつかあります。

その中でも、プライスターは日本一利用者が多いと言われています。

そのプライスターの月額料金と長期割引の月額料金、
また、割引が適用される時期などを紹介していきます。

 

 

プライスターの月額料金はいくら?

プライスターの月額料金はいくらなのでしょうか?

 

 

ズバリ、プライスターの月額料金は
5800円です!!

 

 

他の価格改定ツールの月額料金を調べたことがある方は、
月額料金の額面だけでいうと、
それほど安いとは感じないかもしれません。

5000円弱の月額料金で使えるものもありますし、
中には、もっと安いものもあります。

しかし、プライスターは、
ユーザビリティーや機能面で非常に優れたツールだと個人的には感じています。

それを考えると、
この月額料金は、投資してもお釣りがくる差額だと思います。

プライスターの機能面や優れたところは、
少しだけ後述しますが、

プライスターの価格についてもう少し書いていきます。

プライスターの月額料金は長く使うと安くなる?!

先ほど、プライスターの月額料金は、
5800円と書きました。

しかし、プライスターの月額料金はずっとこの価格ではありません。

プライスターを一年以上使うと、
プライスターの月額料金は4800円で使うことができます。

 

 

月額4800円です!!!

 

 

月額5800円で、他の価格改定ツールに比べて、
お釣りがくるぐらい優秀なプライスターが、

なんと、さらに1000円引きで利用することができます。

 

ですから、
「みんながいいって言ってるからみたいけど・・・。」
「月額料金が5800円だと迷うなぁ・・・。」

 

と思っている方も、
月額料金が5800円なのは、最初の一年だけです。

2年目以降、月額料金が4800円になることを考えれば、
プライスターの月額料金は、決して高いと感じないのではないでしょうか?

プライスターは30日間無料体験がついています。

さらにプライスターは、
申し込みから30日間は無料で利用することができます。

月額料金がかかるのは、2か月目以降になります。

ですから、使い始めるハードルも低く設定されています。

 

プライスターの月額料金は、5800円ではあるのですが、

・初めの30日間は無料であり、
・1年を経過して利用すると、プライスター月額料金は1000円引きの4800円になる。

 

ということを考えると、
プライスターの機能やユーザビリティーの高さを考えれば、
かなり費用対効果の高い月額料金の体系になっていると思います。

 

最後に、ちょっとだけ、
プライスターを使うメリットを紹介していきます。

今回の記事では、プライスターの月額料金がメインのコンテンツになるので、
多くのメリットの中から、2つだけピックアップして紹介に留めさせてもらいますが、
これだけでも、プライスターの月額料金のお得感を感じてもらえると思います。

プライスターは、使いやすさと見やすさが抜群です。

プライスターは、とにかく見やすく設計されています。

一つの画面に表示できる情報量というのは限られていいます。

その中で、必要な情報を見やすく、情報過多になりすぎないように表示し
配置することがわかりやすさ、使いやすさにつながると思います。

プライスターは、
こういった見やすさ・わかりやすさを非常によく考えられているツールだと思います。

情報を適切に、取捨選択して、わかりやすく配置する、
こういったことをよく考えられているツールだと思うのです。

レイアウトやデザインに関しても
こういったユーザビリティーといったところが意識されたツールだと思います。

 

こちらとしては、せどりの作業の効率を上げたいわけです。

機能だけ詰め込んで、使いづらいツールでは、
なんのために使っているかわかりませんよね。

機能だけで使いにくくても良くないですし、
わかりやすいだけで、機能面が不足しているというのも困ります。

この両方を、より最適な形で解決してくれるのがプライスターの魅力だと思います。

プライスターは、この部分が他のツールに比べ、
圧倒的に優れていると思います。

価格改定は1時間に2000件?!

また、プライスターの機能面でいうと、
良いところは、いろいろあるのですが、
ここでは、一つだけ紹介します。

 

 

プライスターでは、1時間2000件の価格改定を行うそうです。

 

 

つまり、1000種類の商品を扱っていた場合には、30分に一回、
500種類の商品であれば、15分に一回のペースで価格改定をしてくれる計算になります。

 

1000個の在庫、500個の在庫ではありません。

500種類、1000種類です。

 

一商品あたり複数の在庫を出品していると考えれば、
どれだけの在庫の売れ行きに貢献するかは、はかり知れません。

そして、価格改定の頻度が高ければ高いほど、
限りなく、リアルタイムに自分の商品を売れやすい価格で出品しておくことができます。

 

今回、挙げた2つの理由だけでも、
プライスターの月額料金の5800円は、決して高い金額ではないと思います。

 

 

しかも、初めの30日間は無料期間がついています。

さらに、一年以上経過すると、
プライスターの月額料金は1000引きの4800円になります。

 

 

それは、プライスターの利用者が多いのも頷けます。

もちろん、僕もプライスターを使っています。

一年以上使っているので、(途中、少しだけ浮気しましたが・・・)
プライスターの月額料金は、4800円です。

価格改定ツールというか、
Amazonのせどり支援ツールなら、月額料金を踏まえても
プライスターをおススメします。

プライスターの詳しいレビューはこちら

ここでは、書ききれなかった部分も含めて、
プライスターのレビューをしていますので、
プライスターをもう少し詳しく知りたいと興味を持った方は、
そちらも見ていただければと思います。