あなたは大丈夫!?せどりで利益が思うように出ない人への簡単な処方箋!!

せどりをやっていると儲かっているんだかどうかわからないといった人もいるかもしれません。

売り上げが上がっても、振込額が増えても、
支払いの額も増えていってしまう・・・・。

そんな時、あなたなどうしますか?

「もっと仕入れをして、売り上げを上げよう。」
「もっと多くの利益を上げよう。」

と、思うのではないでしょうか?

これは、正解です。

しかし、これはビジネスを運営していくうえでの一面でしかありません。

その一面にばかり目を向けていると大きな落とし穴があります。

それは、なんなのか?

せどりで利益を最大化するための基本的な要素を改めて確認していきましょう。

これを意識することで、あなたの利益は簡単にアップすると思います。

せどりで利益を最大化するための2つの要素

せどりにかかわらず、ビジネスで利益を最大化するための要素は2つけです。

1.販売利益を最大化する。
2.コストを最小化する。

この2つだけです。

これを突き詰めるための手法はいくつもあるかもしれません。

しかし、利益を最大化させるための方法は突き詰めればこれだけです。

始めに書いた「仕入れを多くする」「利益の高い商品を販売する」といったことは、
「販売利益を最大化する」といったと側面です。

あくまで、一方にアプローチする方法です。

しかし、ビジネスを単純化してもわかるように、
もう一方からのアプローチも必要です。

それは、「コストを最小化する」ということです。

コストを最小化すれば、その分だけ利益が確保できます。

ついつい販売額や利益率ばかりに目が行ってしまいますが、
それだけではなく、最小のコストでその利益をいかに確保するかという視点が
必要になります。

どれだけ売り上げを上げていても、
その売り上げにかかるコストによって、その売り上げの意味は変わってしますからね。

コストを最小化する最も簡単な方法があります。

コストを最小化するといっても、どこから削減していけばいいのでしょうか?

答えは、まず一択といっていいでしょう。

「不要なツールやサービスを解除する」ということです。

というのも、現在、僕も不要なツールなどを解約し始めています。

確かに、それぞれのツールやサービスは有効なものです。

しかし、それは本当に現状で必要なものでしょうか?

費用対効果として高いものでしょうか?

それを見極めて、コストを減らしていくというのは重要です。

せどりをやっていく上で、仕入れは重要です。

しかし、効率化のためのツールやノウハウは、
あくまで作業や利益を最大化するためには必要ですが、
必ず必要というものではありません。

いや、全く必要ないものではありませんよ。

でも、必ず必要なものでもないことです。

ですから、少なくても現状で不必要なものは、削減する必要があります。

なぜなら、削減した分だけお金が手元に残るわけですから・・・・。

なんちゃって起業家と大富豪の違い

資産運用やお金の増える速度の最大化させるようなスクールなんかに入ると
結構この辺は重要視されます。

通常のビジネススクールなんかでは、
「とにかく稼ぎましょう。」みたいな雰囲気がありますが、
まっとうな投資家的なところでは、
お金が流れてしまう出口を塞ぐことはとても重要視されます。

誰しもが、最初はお金がないです。

だから、お金の出ていく出口を塞ぎます。

その浮いたお金を利益の上がる商売に投資します。

そして、その商売の中でも、常に売り上げを伸ばし、利益を最大化させ、
その利益が流れていく先を塞ぎ続けます。

この繰り返しが重要なんです。

いくら稼いでも、湯水のようにコストを垂れ流し続けては効率が悪くなります。

まずは、
お金が出ていく先をしっかり把握して、
その出口を塞いでいくことが、最も簡単で基本的なせどりで利益を最大化させるための処方箋といえるでしょう。

そのために、今使っているサービスなど現状のコストを
費用対効果と踏まえたうえで精査していくようにしてください。

売り上げを上げることだけが脳じゃないですよ。

そんなわけで、
「売り上げを上げる」「利益を上げる」だけがせどりななくて、
コストを下げるというのが、一番簡単にできる売り上げアップの処方箋という話でした。